治療料金と治療期間|東京都世田谷区の三軒茶屋インプラント情報サイト

治療料金と治療期間

治療料金と治療期間

インプラントの治療料金について

インプラントの治療料金について

インプラント1本あたりの相場は20~40万くらいですが、インプラント治療は患者様一人ひとりに合わせたオーダーメイド治療となりますので、症状や治療内容により一人ひとり変わってきます。また、インプラント治療には健康保険が適用されませんが、医療費控除の対象になることもあります。

明確な料金

当院ではカウンセリング後、お見積もりを患者様へ提出させていただき、十分にご検討いただいた後、治療を行っています。

保証について

インプラントに関しては、5年の保証をしております。
上記保証は、当院の指定した定期メンテナンスを受けていただくことが条件となります。

インプラント治療の費用項目

インプラント治療準備費用
インプラント治療相談
カウンセリング
インプラント術前診査 CT撮影
インプラント外科手術費用
一般外科手術料 インプラント体 無痛麻酔
人工歯作成費用(被せ物)
ALL-ON-4
上顎 下顎 ALL-ON-6(片顎)
その他処置が必要な場合の費用
サイナスリフト GBR 自家骨移植 人工骨移植 メンブレン使用

インプラントの治療料金について

メールでのお問い合わせ インプラント相談窓口 電話でのお問い合わせインプラント相談窓口

お口全体の健康を考えた治療

インプラントの治療計画の立案は一口腔単位からとなります。たとえば、多数の臼歯が欠損している場合、前歯のみのインプラントはお受けできません。臼歯部のかみ合わせのない方に前歯のみのインプラントを入れると壊れる可能性が高いからです。
欠損歯をインプラントで修復する場合には優先順位があります。長期間、安定して機能する設計をご提案させていただきます。

インプラントの本数について

インプラントで欠損歯を補う場合、補う歯数と埋入するインプラントの数は必ずしも同じではありません。インプラントはブリッジが可能であるため、3本の歯がない場合でも埋入するインプラントが1本ですむ場合や、1本欠損でもスペースが大きい場合は2本のインプラントが必要な場合もあります。また、6歳臼歯の奥の12歳臼歯はインプラントによって修復する必要がない場合もあります。
インプラントは非常に丈夫ですので、ALL-ON-4 のように4本のインプラントで12本の人工歯を支えることも可能です。
インプラントを用いた欠損修復の設計は非常に自由度が高いため、詳しくはお問い合わせ下さい。

埋入部位の骨、歯肉の状態

インプラントを埋入する部位の骨や歯肉が十分ではない場合、付加的な手術が必要になる場合があります。
※サイナスリフト、ソケットリフト、リッジエキスパンジョン、自家骨移植、人工骨移植、遊離歯肉移植、結合組織移植など。

保存不可能な破折歯、歯周病罹患歯、う蝕罹患歯を長期間放置すると歯槽骨の病的な吸収や、歯肉の陥凹を招くため、処置が複雑になる可能性が高くなります。

かみ合わせ隣在歯の状態

インプラントを埋入する場合、かみ合わせや隣在歯の状態によっては、部分矯正治療またはフルマウスの矯正治療が必要になる場合があります。
また対合歯(かみ合わせの歯)の形態や位置に問題がある場合、対合歯の処置が必要になる場合があります。

便宜抜歯

インプラントは天然歯と違い歯根膜(歯と骨の間の軟組織)がありませんので天然歯との連結はできません。連結は、天然歯-天然歯、インプラント-インプラントに限られます。
こういった制約上、歯列弓上に効率よく歯を配置するために便宜的に抜歯を行った方が治療費を安く抑えられる場合があります。たとえば、数歯の前歯のみ残っていて左右臼歯部に多数歯の欠損がある場合、すべての歯を抜歯してALL-ON-4 を行った方が経済的になります。

インプラントの構造

インプラントの構造はインプラント体、アバットメント、上部構造と3つにわけられます。それぞれに種類がございますので治療費用の合計はそれらの組み合わせになります。当院では最終的にどのような歯が必要かを診断用模型やCTスキャン、口腔内診査を元に患者様へご提案させていただいております。

CTスキャン撮影について

当院では安全な手術のため、インプラント埋入の前には必ずCTスキャンによる断層撮影を行っております。CTスキャンの撮影は提携のCT専門医院にて行います。

インプラントの価格は各歯科医院によって違いますが、インプラント治療は既製品を売買しているのではなく、安全性、知識、技術、経験、さらに治療後の保証制度により評価されるものです。 ただ価格が安いというだけで判断してしまうと、思わぬトラブルや失費がかかる場合もあります。なによりご自身の身体を第一に、信頼のおける歯科医を選ぶことが大切です。また、インプラントは1回にかかる費用は高額ですが、合わない入れ歯に毎日ストレスを感じながら生活し、調整や修理、作り変えを繰り返すことを考えると、他の治療法と比較検討する意味はあるのではないでしょうか。

インプラントの治療期間について

インプラントの治療期間について

インプラント治療は、人工歯根を骨の中に埋め込む手術を行ってから、埋入したインプラントと骨がしっかりと結合するまで数ヶ月の間の治癒期間をとります。
骨の状態や治療部位によって異なりますが、一般的に下顎で3ヶ月以上、上顎で6ヶ月以上の治癒期間を必要とします。
その後、歯を最終的な歯を入れるための型取りをして人工の歯を装着します。
従ってインプラント治療は、骨とインプラントが結合する治癒期間を考えると約6ヶ月から12ヶ月となります。

即時加重

インプラント手術をしたその日に、仮の歯を装着します。
その日からインプラントで噛むことができます。本番の歯が入るのは、2~3ヵ月後になります。
ただし、埋入する部位の骨量、骨密度、本数、埋入時の初期固定の強さなどによって、できる場合とできない場合があります。

通常方法

インプラント手術後、しばらくは埋入したインプラントと骨がしっかりと結合するまで、骨の状態や治療部位によって異なりますが、3~6ヶ月ほど待ちます。
歯がない期間は、仮の入れ歯やプラスチックの仮の歯を使用します。

お口の状態はお一人お一人違いますので、詳しくはお問合せください。

メンテナンスについて

インプラントを長くお使いいただくためにメンテナンスは必要不可欠になります。
治療規模、汚れのつき具合に応じて3ヶ月~半年に一度のペースで定期的な検査やメンテナンスを行います。
定期検査では歯石の除去、かみ合わせのチェック、他部位に虫歯がないかなど検査します。

ページのトップへ

Copyright © 2019 三軒茶屋インプラント情報サイト All rights reserved.