インプラント治療の流れ|東京都世田谷区の三軒茶屋インプラント情報サイト

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

Step 1カウンセリング
現在のお口の状態、お悩み、ご希望などをお聞かせください。 口腔内検査を行い、患者様の症状や診断の上、身体的な特徴やかみ合わせの具合など長期的な視点で患者様の状況に応じてご説明いたします。
Step 2診断と治療計画
インプラント治療に必要な各種検査、診査を行います。
CTスキャンによる残存骨の確認、診断用模型によるシミュレーションなどを行い充分な診断の後、インプラント治療に関する方針・計画をご説明いたします。

インフォームドコンセント
治療計画を患者様にわかりやすく説明します。患者様には具体的な料金をはじめ、手術方法、治療期間、リスクなど細かい部分まで理解していただきます。わからないことがあれば、気軽におたずねください。
Step 3インプラント治療前の処置
歯石の付着などが見受けられる場合は、まず、クリーニングを行う必要があります。
また、インプラント予定部位の隣やかみ合わせの歯に虫歯などトラブルがある場合は、事前に治療が必要になります。骨量が不足している方には骨の再生治療を行います。インプラント治療前の処置
Step 4インプラントの埋込手術
インプラント手術は通常30分程度で終了します。術中は局所麻酔をするため、痛みを感じることはありません。また、処置が大きなケースでは静脈内鎮静法を併用することにより、手術時のストレスを殆どなくすことが可能です。
術後には抗生剤、鎮静剤が処方されますので、うずく場合は飲み薬で対応します。
インプラントの埋込手術
Step 5インプラントと骨の治癒期間
即時加重
インプラント手術をしたその日に、仮の歯を装着します。その日からインプラントで噛むことができます。本番の歯が入るのは、2~3ヵ月後になります。

通常方法
インプラント手術後、しばらくは埋入したインプラントと骨がしっかりと結合するまで、骨の状態や治療部位によって異なりますが、3~6ヶ月ほど待ちます。
歯がない期間は、仮の入れ歯やプラスチックの仮の歯を使用します。
Step 6安定期間後の二次処置(通常方法)
埋まっているインプラントの頭を出し、人工の歯を接続するアバットメントという土台を取り付けます。
当院では仕上がりの自然さを重視し、ほとんどのケースで歯肉の状態に合わせて一本一本手作りのアバットメントを使用しています。(カスタムアバットメント)アバットメントの装着は、骨質の違いや術式の違いでインプラント埋入と同時に行うときもあれば、埋入後数ヶ月で行う場合もあります。
安定期間後の二次処置
Step 7人工歯の作成、装着
アバットメントを介してインプラントに装着する人工歯を上部構造といいます。
上部構造(人工歯)の型を取り、歯並びや色をチェックしながら人工歯をつくります。人工歯が完成したら、装着。咀嚼が可能となります。
人工歯の作成、装着
Step 8治療後の定期メンテナンス
インプラントを長くお使いいただくためにメンテナンスは必要不可欠になります。
治療規模、汚れのつき具合に応じて3ヶ月~半年に一度のペースで定期的な検査やメンテナンスを行います。
定期検査では歯石の除去、かみ合わせのチェック、他部位に虫歯がないかなど検査します。
かみ合わせのチェック

インプラントについての無料相談を受け付けております。
初めての方でもお気軽にご相談ください。

ページのトップへ

Copyright © 2019 三軒茶屋インプラント情報サイト All rights reserved.