手術当日に歯を入れられない場合|東京都世田谷区の三軒茶屋インプラント情報サイト

手術当日に歯を入れられない場合

手術当日に歯を入れられない場合

手術当日に歯を入れられない場合

手術当日に歯を入れられない場合

即時加重※3 は手術したその日に仮歯が装着されるため、その日から取り外しの必要な入れ歯から開放されます。しかし、残存骨の骨質や、サイナスリフト※4 などの付加的な処置をした場合、即時加重をしないときがあります。そのときは3~6ヶ月は仮義歯を使用していただくことがあります。
即時加重ができるインプラントは決められた埋入トルク(ねじ込み強さ)以上が必要ですが、骨が軟らかい方、短めのインプラントしか解剖学的に埋入できない方は即時加重のプロトコルに合致しないことがあります。

※3インプラント手術をしたその日に人工の歯を固定する術式
※4に伴って行われる骨増成手術の一つ。

当院では、インプラント認定医が主軸となって治療を行いますが、それに付随する治療やケアに関して、 それぞれのプロフェッショナルが連携して行いますので安心して治療に臨んでいただけます。
All-on-4は優れた治療方法ですが、All-on-4が適している場合、適さない場合があります。診断用模型(型取り)や、CTスキャンなどを検討し、包括的に診査診断を行い、安全であると判断された場合に施術いたします。
私の場合はどうなるのだろう?家族の場合はできるのか?など、気になる方はご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡下さい。

対象となる方

  • 入れ歯が合わず、痛んだり、口臭が気になる方
  • 入れ歯が合わず、硬いものを食べることができない方
  • 入れ歯が動いて発音がしにくい方
  • 入れ歯の取り外しが面倒で、外出や旅行が億劫な方
  • 多くの歯がなく、残っている歯もぐらぐらになっている方
  • 現在入っているインプラントの調子が悪い方

私にAll-on-4できますか?

All-on-4は、わずか4本のインプラントで全ての歯を支え、手術当日に歯が入り、低予算と患者様のメリットが非常に大きい治療法ですが、すべての患者様にAll-on-4ができるわけではありません。かみ合わせの診査や、残存骨の診査、CTスキャンによる神経の走行により、追加のインプラントが必要な場合があります。追加に必要なインプラントはほとんどの場合で2本となり、その場合はAll-on-6という手法になります。

All-on-6

日本人は欧米人と異なり、主食が穀物ですので奥歯のすりつぶし運動が大きく行われます。All-on-4は欧米人を基準としていますので、顎の状態やかみ合わせの状況から奥歯を延長したほうがよくかめる場合があります。 All-on-6はAll-on-4のさらに後方に、2本のインプラントを追加する方法です。治療の流れはAll-on-4と同様です。

ページのトップへ

Copyright © 2019 三軒茶屋インプラント情報サイト All rights reserved.